母子手帳ケース
おめでたがわかって、必要なものをあれこれ考えるのは大変だけどすごく幸せですよね。

でも一足飛びに赤ちゃん用品ばかり目が行っていませんか?

マタニティ用品もそろえた方がいいものがたくさんありますよ。

母子手帳ケースも早めに用意しておきたいものの一つです。
今回はおすすめのアイテムをご紹介しますね。

スポンサードリンク

母子手帳ケースは必要なの?

母子手帳ケース必要
そもそも母子手帳ケースって必要なの?
という疑問はごもっとも。

バッグの中で定位置があればいいじゃないと思うかもしれません。

確かに母子手帳本体にケースはあまり必要ないのですが、診察券や妊婦検診費助成の受診票、検診の度に増えるエコー写真といったものをひとまとめにするためのケースでもあるんです。

結構色々なものをもらうことになるので、
予想以上に母子手帳と一緒に持ち歩くものが多いと思います。

それに母子手帳というと妊娠中に使うイメージが強いですが、出産後、子供が小学校入学前までは必要なものです。

出産後は出産後で子供の診察券、保険証、予防接種の予診票、乳幼児医療費助成金受給者証、お薬手帳など入れるものが増えますよ。

子供の成長を記録するものでもありますから、専用ケースはあった方が安心です。

母子手帳ケースのブランドはどこがある?

母子手帳ケース
ベビー用品のブランドやバッグのブランドなどで母子手帳ケースを出しています。

マルチケース、通帳ケースといった製品も母子手帳ケースとして使えますので、お気に入りのブランドがあれば探してみることをおすすめします。

母子手帳ケースとして扱っているブランドで人気のあるところをご紹介しますと、

・ガーリーでレトロな柄が特徴のgelato pique(ジェラートピケ)、
・個性的だけど落ち着く柄のフィセル、
・アップリケの動物が子供にも人気のKNICK KNACK(ニックナック)、
・浮き上がる花が可愛らしいfafa(フェフェ)など。

これらのブランドはどこもベビー用品やマタニティ用品を扱っていて、マザーズバッグと母子手帳ケースをお揃いにしたり、哺乳瓶ケースやベビーリュックとお揃いにすることもできます。

何かとゆううつな妊娠中から使うものですから、持っていて気分が落ち着くもの、可愛らしいものなど選ぶ楽しみがあるブランドが選ばれているようですね。

スポンサードリンク

母子手帳ケースおすすめアイテムは?

機能の面からも、見た目の面からもおすすめしたいのが「キューズベリー」。
メディアで紹介されているので、ご存知の方も多いかも。

特におすすめはジャバラ式の母子手帳ケースです。母子手帳が2冊は入る余裕の収納力で、とにかく紙がかさばる病院通いで大活躍。

もらったものはとりあえずで入ってしまうので、ばらばらにならなくて済みます。

ジャバラでがばっと大きく開くのでひと目で探し物が見つかって、赤ちゃんがぐずっているときでも時間をかけずに受付や会計を済ませることができます。

ほんの十数秒の違いですが、焦らなくていいのはとても大きいですよ。

一番の特徴は革製なこと。
天然のヌメ革で、使えば使うほどいい味が出てきます。

ゴツくない革製品、というところもポイント高いです。

女性らしさを感じさせる柔らかい雰囲気で、持っていると上質なものを手にしている満足感を得られます。

ちょっと高価な品なのですが、自分と子供たちの成長を刻むものとして手元に置いておきたい逸品です。

おすすめの母子手帳ケースまとめ

おすすめの母子手帳ケース、いかがでしたか?

これから長い時間お世話になるものですから、使う本人が気に入ることが一番の条件ですよ。

お気に入りのブランドに母子手帳ケースがなくても、ポーチなどを工夫して使っている方もいらっしゃいます。

大変なことが多いマタニティライフの彩りになるよう、
納得のいくものを使いたいですよね。

スポンサードリンク