ヨーグルトメーカーとは
ヨーグルトメーカーとは?
ヨーグルトを作る時に使う容器であり、牛乳やヨーグルトをヨーグルトメーカーに入れて混ぜてセットしておくだけで、できちゃいます。

ヨーグルトを作るには保温管理は非常に大切で、自分で作ろうと思ったら大変なものになります。
>>>【楽天市場】ヨーグルトメーカーランキング!今の人気の商品はどれ?

ヨーグルトメーカーでR1はできる?

ヨーグルトメーカーとは
美容によかったり、インフルエンザに聞くと言われているR1ヨーグルトが、自宅でできたら嬉しいですよね。
そこでR1ヨーグルトを作ることが出来るヨーグルトメーカーを紹介したいと思います。
R1を作るのに必要なものは、ヨーグルトメーカー・R1ヨーグルト・成分無調整牛乳です。

■その1:アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカープレミアムIYO-012

特徴
・1L.500mmどちらの市販の牛乳パックをそのまま使用して調理できる
・1℃刻みの温度調節機能付き
・1~48時間のタイマー機能付き
・最高温度が65℃
「1℃刻みの温度調節機能付き」や「タイマー機能付き」のものは高額になりがちですが、こちらの商品は手頃な価格であり、支持を集めています。

そのため品薄状態になるため、販売価格が高額設定されている店舗も出てきています。
なので購入検討中の方は、こまめに価格チェックをして購入されることをオススメします。

サイズ:W147×D147×H280mm
重量:760g
電気コード:1.3m
消費電力:30W

■その2:トプラン ヨーグルトファクトリーPremium TKSM-010

こちらも牛乳パックをそのまま使用して調理できます。
R1だけでなく、カスピ海ヨーグルトも作ることができ、5~10時間で完成します。

本体にはプレーンとカスピ海のボタンがあり、カスピ海ヨーグルトを作りたい場合はカスピ海のボタンを押し、プレーンヨーグルトを作りたい場合は、プレーンのボタンを押します。

そして、それぞれ適した温度に設定でき、最適な温度で作ることができます。
なので、これ1台でR1ヨーグルトからカスピ海ヨーグルトまで作ることが出来るのです。
サイズ:W138×D130×H276mm
重量:550g
電気コード:1.3m
消費電力:30W

■その3:TANIKA 甘酒&ヨーグルティアS YS-01

R1ヨーグルトの他に、各種ヨーグルトや、25~65℃までの高温まで温度調節可能なため、甘酒、納豆、ジャム、麹、みそ、などがも作ることができ、作ることが出来ない発酵食品はないと言われている商品です。

1~48時間のタイマー機能付きで、発行終了時にはブザーで知らせてくれます。
付属品に容器が2つ付いてくるため、二つ作れます。

色は、ホワイト、ブルー、グリーン、レッドの4種類があります。

サイズ:H192×外径162mm
重量:750g
電気コード:1.9m
>>>【楽天市場】ヨーグルトメーカーランキング!今の人気の商品はどれ?

ヨーグルトメーカー 楽天市場の口コミまとめ

■その1:アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカープレミアム IYM-012
楽天価格:3.980円(税込)

★★★★
・元のヨーグルトと遜色なくできあがります。
・ヨーグルトや甘酒が簡単にできます。
・コンパクトな形で邪魔にならず、これだけの機能はすごいです。失敗なしで簡単に作れました。

■その2:トプラン ヨーグルトファクトリーPremium TKSM-010 楽天価格:2,468円(税込)

★★★★
・とても簡単にできます。
・夜セットをして、朝にはもうヨーグルトができていました。

■その3:TANIKA 甘酒&ヨーグルトメーカーヨーグルティアS YS-01
楽天価格:10,800円

★★★★★
・使用しやすく、簡単でいろんなメニューが楽しめます。
・簡単に麹、甘酒、ヨーグルトが作れます。容器が初めから2つ入っているため、二種類の発酵食品が作れて使いやすいです。

ヨーグルトメーカーまとめ

ヨーグルトメーカーとは
ヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトを作ると、無添加だし、牛乳パックそのまま使用出来るのは衛生面でもとても良いので安心ですよね。

ヨーグルトを良く食べるご家庭の方は、一度試してみませんか?

>>>【楽天市場】ヨーグルトメーカーランキング!今の人気の商品はどれ?