なにわ淀川花火大会

大阪の夏の風物詩である「なにわ淀川花火大会」。

第1回目から回を重ねるごとにパワーアップし、現在では、大阪で人気1位の花火大会になりました。

例年50万人もの来場者数で、淀川に半円に開く水中花火や、大玉の連続花火、キャラクター花火など、見どころがいっぱい!

そんな、大阪の「なにわ淀川花火大会」について、日程や、穴場のおススメスポットなどをご紹介します。

スポンサードリンク

なにわ淀川花火大会2018年の日程はいつ?内容は?

なにわ淀川花火大会

淀川花火大会は、大阪の地元ボランティアスタッフによって手がけられた「手作りの花火大会」です。

平成元年から始まり、今年で30回目を迎えます。

今年の第30回の開催日程は2018年8月4日(土曜日)、19時40分~20時40分。

雨天決行、順延なし。

打ち上げ玉数は非公表ですが、2万発近く打ち上げられているそうです。

迫力あるオープニングに始まり、なにわ淀川花火大会の代名詞ともいえる「水中花火」と、鮮やかな色の花火がどんどん打ち上がり、ダイナミックで美しく、また、ゆったりした音楽とのコラボレーションにも、うっとりしてしまいます。

グランドフィナーレも圧巻で、見応えあり!です。

なにわ淀川花火大会有料観覧席場所と内容は?

淀川花火大会の打ち上げ場所、有料観覧席やおススメの穴場スポットをご紹介します。

打ち上げ場所は、大阪府大阪市淀川区新北野の淀川河川敷(新御堂筋淀川鉄橋~下流国道2号線)です。

十三会場側(十三駅・塚本駅から徒歩約15分)と梅田会場側(大阪駅・海老江駅から徒歩約20分)から見ることが出来ます。

▪十三側の堤防パノラマスタンド

パノラマスタンド(ライト・レフト)は、土手の斜面の席で、河川敷より高いので、花火がとても見えやすく人気があります。

中でも、レフトスタンド1が1番人気で、発売後すぐに売り切れます。

エリア指定で、エリア内は自由席ですので、早い者勝ち!16時の開場にはすでにたくさんの人が並んでいますので、早めに行って場所取りすることをおススメします。

前売り3500円(3才~小学6年生は2千円)、当日4000円(3才~小学6年生は2500円)

入場する時にクッションシートを貰えますので、シートの持ち込みは禁止です。

また、打ち上げが始まったら途中退場出来ませんので、注意してください。

▪十三側の河川敷のアリーナシート、エキサイティングシート・ステージシート

机があってパイプ椅子に座って、花火を観賞できます。

パノラマ席ほどキレイには見えませんが、お弁当・お茶付きで、座って見られますので、ご年配の方に喜ばれます。

ご両親を招待する時などに利用してみてはいかがでしょう。

アリーナシート...前売り7000円(3才~小学6年生4000円)、当日8000円(3才~小学6年生5000円)

エキサイティングシート・ステージシート...9000円(3才~小学6年生5000円)

▪梅田側のダイナミックシート

河川敷から土手の席で、開場は17時~入場する時にクッションシートをもらいます。

前売り2500円(3才~小学6年生は1500円)、当日3000円(3才~小学6年生は2000円)

▪梅田会場

パイプ椅子席です。

前売り4500円(3才~小学6年生は2500円)、当日5000円(3才~小学6年生は3000円)

なにわ淀川花火大会の穴場スポット8選ぶ!!

淀川花火大会の打ち上げの鑑賞するのに、
おススメの穴場スポットをご紹介します。

▪淀川河川敷の日本ペイントビル前(大阪市北区大淀北2丁目付近)

花火を見上げるような格好で、迫力ある花火を見ることが出来るポイントで、比較的ゆったりと楽しむことができます。

ただし、トイレなどの設備が近くにないので注意してください。

最寄り駅:阪急神戸線・宝塚線「中津」駅

▪淀川河川敷の海老江グランド付近(大阪市福島区海老江3丁目付近)

淀川河川敷の中でも、比較的混雑が少ない穴場のスポットです。

最寄り駅:JR東西線・学研都市線「海老江」駅、阪神本線「野田」駅、地下鉄千日前線「野田阪神」駅

▪本庄公園付近(大阪市北区本庄西3丁目11)

打ち上げ場所からは少し離れていますが、中津の少し先にある本庄公園でもキレイにみることができますので、ゆっくり花火を楽しみたい方におススメの穴場スポットです。

最寄り駅:地下鉄御堂筋線「中津」駅、阪急千里線・地下鉄堺筋線・地下鉄谷町線「天神橋筋6丁目」駅

▪淀川河川公園の西中島野球場(大阪市淀川区西中島1丁目)

こちらも打ち上げ会場から少し離れてしまいますが、花火の直前でもわりと空いている穴場スポットです。

最寄り駅:地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅、阪急「南方」駅下車 徒歩約5分

▪大阪府咲洲庁舎コスモタワー(旧WTCタワー)

展望台としては、東京スカイツリー、横浜ランドマークタワーに次ぐ、日本で3番目に高い展望台です。

通常は55階にある展望台までしか入場できないのですが、花火大会当日は第二展望台の屋上展望スペースが解放されます。

入場制限があるため、早めに到着しておくのが良いでしょう。

入場料:高校生以上の大人 500円、中学生以下 200円

アクセス:ニュートラム「トレードセンター前」駅下車 徒歩約3分、地下鉄中央線「コスモスクエア」駅下車 徒歩約7分

▪梅田スカイビル空中展望台

花火大会当日は、展望台の営業が「第1部 18時半まで」と「第2部 19時から」に分かれます。

花火を観賞するなら、第2部のチケットが必要になります。

定員が400名ですので、早めに到着しておくのが良いでしょう。

入場料:大人700円、中・高校生500円、小学生300円、3歳以上の幼児100円

アクセス:JR「大阪」駅、阪急「梅田」駅、地下鉄御堂筋線「梅田」駅下車 徒歩約9分

▪大阪駅前第3ビル展望台(32・33階)

11時~23時の間無料で入ることができ、東側と西側の2か所に展望フロアがあります。
座り込んで花火をみるのは禁止だそうです。

入場料:無料

アクセス:JR「大阪」駅、阪急・阪神・地下鉄「梅田」駅下車 徒歩約7分、

▪32番街の阪急グランドビル展望ロビー(27~31階)

10時~23時の間、無料で入ることができ、西側に展望ロビーがあります。

なにわ淀川花火大会観賞には、30・31階がおススメです。

入場料:無料

アクセス:JR「大阪」駅下車 徒歩約1分、阪急・阪神・地下鉄「梅田」駅下車 徒歩約2分

スポンサードリンク

なにわ淀川花火大会、屋台はある?

なにわ淀川花火大会

大阪で1、2を争う人気のイベントとあって、屋台は500店舗を超えると言われています。

どこへ行けば屋台があるのか、屋台情報をご紹介します。

主に、十三会場と梅田会場の2か所に分かれています。

〈十三会場側〉

国道176号線沿いの歩道の方から、河川敷に降りるための176スロープがあり、そこを降りた河川敷のエリアに、ずらっとたくさんの屋台が並んでいて、500店舗のほとんどがこちらに出店している、賑やかな場所になっています。

屋台を目当てにしている方は、十三会場側でお目当てのものを購入してから、花火を楽しみましょう。

屋台の場所からは、花火の音だけになってしまうので、観覧エリアへ行くには少し移動が必要です。

混雑も考えて、早めに移動するのが良いでしょう。

〈梅田会場側〉

有料エリアの横と、立ち入り禁止エリアの横に、屋台が出店されています。

十三会場と比べると、かなり少ないので、花火メインで少しつまむ程度という感じです。

なにわ淀川花火大会まとめ

いかがでしたか。

屋台も花火も両方楽しみたい!という方には、十三エリアがおススメです。

しかし、河川敷は、迫力ある花火が見られる分混雑していますので、混雑が苦手な方は、少し離れた場所や高層ビルからの観覧が、ゆったりできそうですね。

今年もぜひ、なにわ淀川花火大会を楽しんで来てください!

スポンサードリンク