隅田川花火大会

夏の風物詩「花火」の季節がやってきますね。

小さい頃、母と一緒に見に行った花火は、大人になった今でも、記憶の片隅に残っているくらい、とても綺麗だったのを覚えています。

ここでは、東京都で開催される「隅田川花火大会」についてご紹介します。

二つの会場に分けて打ち上げられる花火は、スケールも大きく必見で、感動すること間違いなし!です。

スポンサードリンク

隅田川花火大会2018年の日程はいつ?内容は?

隅田川花火大会は、江戸時代から続く日本最古の花火大会です。

今年の第41回の開催日程は、2018年7月28日(土曜日)午後7時~8時半。

荒天などの場合は、翌7月29日(日曜日)に順延し、両日とも実施出来ない場合は、中止となります。

第1会場では、コンクール玉200発を含む約9650発、第二会場では約10350発が打ち上げられ、合わせて約2万発以上もの花火が上がる光景は、壮大で、毎年95万人もの観覧客で賑わう、とても人気のある花火大会です。

第1会場において、両国花火ゆかりの業者や国内の代表的な花火大会で優秀な成績を収めた業者、計10社による花火コンクールが実施され、様々な芸術作品が堪能できます。

第2会場は、創作花火やスターマインが見どころです。

隅田川花火大会、場所はどこで?穴場スポットはどこ?

隅田川花火大会

隅田川花火大会の場所と、穴場スポットをご紹介します。

打ち上げ場所は2つに分かれていて、
第1会場は、桜橋下流~言問橋上流、第二会場は、駒形橋下流~厩橋上流です。

〈有料観覧席〉

市民協賛ということで、協賛金を払うと特設会場で観覧できます。
一口6000円~、イス席、ビニールシート席、など。

申し込み締め切り日は、2018年5月15日(火曜日)当日消印有効。

申込方法は、往復はがきで申し込み、多数の場合は抽選となります。

〈穴場スポット〉

▪水戸街道向島5丁目バス停周辺(墨田区向島4丁目あたり)
第1・第2会場両方の花火がみられ、当日の夕方からは、歩行者開放区域ができるので、おススメの穴場スポットです。

レジャーシートを持って、早めに行き、場所取りすることをおススメします。

▪銅像掘公園(墨田区向島5丁目9-1)
近くに高い建物もなく、間近で打ち上げられる花火を、ゆったりと見ることが出来るので、おススメです。

▪汐入公園内土手(荒川区南千住8-13あたり)
花火の打ち上げ会場からは少し離れますが、土手からゆったりと花火を楽しめます。

▪コモディイイダ東向島店屋上(墨田区東向島1-28-10)
先着300名程で屋上駐車場を無料開放してくれます。

隅田川からも近く、地元の人にとっては嬉しい絶景ポイントです。

▪東京スカイツリー展望デッキ
東京の夜景と一緒に、隅田川花火大会も楽しめます。

4000円で、期間限定販売だそうです。

▪隅田川花火観賞クルーズ
クルーズ船や屋形船から、2会場両方の花火を楽しむことができ、食事をしながら、絶景ポイントで、混雑なく観賞できます。

料金は、乗船代・食事+飲み放題・落語家公演などを含んで、1人2万5千円~3万5千円です。

とにかく花火だけみたい、という方には、食事も飲み物もなしの「屋形船からの観賞コース」もあるようで、1人17300円ほどです。

スポンサードリンク

隅田川花火大会、屋台はあるの?

隅田川花火大会

花火大会の楽しみと言えば、屋台も外せません!

冷たいビールを飲みながら、焼き鳥やフランクフルトを片手に、花火観賞できるなんて、贅沢ですよね。

隅田川花火大会でも、屋台がたくさん並びますので、ご紹介します。

▪隅田公園

隅田公園の通り沿いに、たくさんの屋台が出店します。

花火実施中は、公園内の歩道は一方通行になりますので、注意してください。

▪汐入公園

穴場と言われていますが、結構混雑しますので、早めに行ってお目当てのものを購入し、場所取りすることをおススメします。

▪浅草寺

浅草寺は観光スポットでもあり、いろいろな屋台が多く出ているので、楽しめますが、混雑がすごいです。

ゆっくり食べ歩きしながら花火観賞は難しいかもしれませんが、周辺の路地から、花火を見られるスポットもありそうです。

▪吾妻橋周辺

花火もバッチリ楽しめて、屋台も多く賑わっています。

迫力ある花火をみることは出来ますが、混雑しています。

交通規制がかかり、一方通行で立ち止まって花火を見ることが出来ないので、人の流れにのって歩かされるといった具合です。

▪蔵前周辺

第2会場近くの蔵前周辺は、第1会場よりも混雑が少ないので、混雑が苦手という方におススメです。

隅田川花火大会まとめ

いかがでしたか。

隅田川花火大会は、スカイツリーの姿と一緒に花火を楽しむことができ、また、スカイツリーから花火を観ることも出来るので、新たな見どころにもなっています。

浴衣を着て、お出かけしてみては、いかがでしょうか。

夏の思い出作りに、ぜひ参考にしてください!

スポンサードリンク