運動会お弁当
運動会が近づくと、親も子もドキドキしますね。
親のドキドキのひとつはお弁当作りです。
人数分のお弁当が作れるかな?時間に間に合うかな?キレイに詰められるかな?
今回はそんな不安を少しでも解消出来る方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク

運動会お弁当の入れ物は何がいい?使い捨てパックが便利?

運動会お弁当
幼稚園の毎日のお弁当や、パパが会社に持って行くお弁当は簡単ですよね。
毎日作って詰めているし、小さいお弁当箱の半分にご飯、半分におかずで埋まります。
けれど、運動会のお弁当はいつもよりも大きいお弁当箱に詰めますよね。

では、どんなお弁当箱がいいのでしょうか。

家族だけで運動会に行く場合もあれば、両方の祖父母も来る場合もあるでしょう。
その人数によってお弁当箱選びが必要になります。

もちろん100均で買える使い捨てのパックも使える物もあります。
例えば、お赤飯やサンドイッチを詰めたりするのには便利です。

帰りの荷物を少しでも小さくすること出来ます。
けれど、おかずを入れるとなると、やはりしっかりとした入れ物をひとつ用意しておくと、この先ずっと使えますし、使っているうちに入れ方もコツをつかめます。
おすすめは、保冷バッグ付きの、液漏れのしない、ファミリーサイズのランチボックスです。

大きさの違う容器でセットになっている物を選ぶと詰めやすく、デザートなど別に入れられて便利で、普段使いに別々に使用する事も出来ます。

そして運動会の5月は暑い日も多いので、悪くならないよう保冷バッグがセットになっている物を選ぶと痛みも防いで、持ち手も付いているので持ち運びにも便利です。

運動会お弁当きれいな詰め方はどうすればいい?

運動会お弁当
そしてせっかく頑張って作ったお弁当をキレイに詰めることも大切です。
お弁当を開けてみたら、寄ってグチャグチャでは悲し過ぎます。
ではキレイに詰めるコツは何でしょうか。

ひとつは仕切りを使う事です。

今持っている重箱やランチボックスの大きさに合わせて仕切りだけを買うことが出来ます。
仕切りを使わなくても、少し空いた隙間には、弾力のあるおかずを入れるといいです。

例えば冷凍食品のシュウマイなど可愛く隙間を埋めてくれますよ。

お弁当の定番で子供も喜ぶ唐揚げには、プチトマトの赤、ブロッコリーの緑で隙間を埋めるとキレイです。

唐揚げと一緒にピックに刺す方法もおすすめですよ。

スポンサードリンク

運動会お弁当いつ作るの前日それとも当日?何時起きで?

運動会の場所取りを前日の夜にする人や、当日早朝にする人もいるでしょう。

その準備にもよりますが、慣れない大人数のお弁当作りは時間が掛かるものです。

もしも初めてのお弁当作りなら、早めに起きて準備することをおすすめします。

おにぎりや、揚げ物などは朝作りますが、煮物や、野菜を茹でる、果物を洗う事など、前日に出来ることは、済ませておくと手間が減ります。

慌てると失敗しがちな厚焼き玉子なども、前日に作って冷蔵庫に入れておけば安心です。

運動会お弁当まとめ

お弁当箱が大き過ぎて隙間が埋まらなかった、逆に小さ過ぎて作ったおかずが入りきれなかったなど当日慌ててしまうこともあります。

予備として100均で買える容器を数周類準備しておくと便利ですよ。

いかがでしたか。
今回は、運動会のお弁当作りについてご紹介しました。
是非、参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク