葉酸サプリいつからいつまで
通販で葉酸サプリを購入しようとしたら、何箱もセットのまとめ買いをおすすめするお店が結構あって「えっ、そんなに飲み続けるものなの?」と思ったのは筆者だけでしょうか。

「妊娠」「妊活」という言葉の印象から期間限定で飲むものだと思いがちな葉酸サプリですが、実は結構長い間お世話になるもの。

そこで今回は葉酸サプリが必要な期間と効果について調べてみました。

スポンサードリンク

葉酸サプリいつからいつまで必要?その時期の効果は?

葉酸サプリいつからいつまで
葉酸がお腹の赤ちゃんの成長に必要な栄養素というのは皆さんご存知ですよね。

産院でもすすめられると思います。

葉酸はたんぱく質を作るときに働く栄養素であり、細胞をつくり、血液をつくります。赤ちゃんの身体をつくる、と言い換えてもいいかもしれません。

ではそれぞれの時期にどんな効果が期待できるのか、簡単にまとめてみます。

・妊娠0週~11週
神経管閉鎖障や自閉症の可能性を低減し、流産のリスクを低減

・妊娠12週~15週
自閉症リスク低減、子宮内胎児発育遅延の予防、妊娠高血圧症候群の予防、流産リスク低減

・妊娠16週~27週
自閉症リスク低減、早産予防、妊娠高血圧症候群の予防

・妊娠28~43週
免疫機能の向上、消化管機能の向上

このほか、妊娠中を通してお母さんの貧血予防にも効果的です。

妊娠前から出産まで葉酸が必要なことがわかりますね。

ですがこれだけでなく、出産後も母体の回復を助ける効果がありますし、造血作用が母乳を増やしてくれます。

産後うつの予防も期待できるので、続けて葉酸を摂取するのが望ましいとされています。

妊活中・妊娠中・出産後もサプリを飲んだ方がいい?

葉酸サプリいつからいつまで
最も葉酸を必要とする時期は妊娠初期。厚生労働省では、この時期は一般の人の2倍である480μgの葉酸を食事から摂取し、かつ1日400μgの葉酸をサプリなどで補うように推奨しています。

妊娠に気づく頃には妊娠5~6週になっていますから、初期に葉酸を推奨量満たすためには妊活中からサプリを飲んでいなくてはいけませんね。

そして授乳中の女性は1日に340μgの葉酸の摂取が推奨されています。

食事で全てまかなうのは大変ですから、サプリを飲んでいた方がいいでしょう。

ミルクで育児をする方はサプリまで必要なくても、産後の疲労回復、子宮の回復に効果がありますから普段よりも葉酸を摂るように心がけた方が良いと思います。

スポンサードリンク

人気でおすすめの葉酸サプリはどれ?

葉酸サプリは色々なメーカーから出されていて、正直言って選ぶのは大変です。

特に赤ちゃんに関わるものですから、できるだけ品質の良いものを選びたいですよね。

選ぶポイントは、
「十分な葉酸が摂れること」、

葉酸は他のビタミンB群やビタミンCと一緒に働くという特徴があるので、「ビタミンB12とビタミンCが配合されていること」、

母体に必要な「ビタミンB6、カルシウム、鉄も摂れること」、

厚生労働省が推奨する「合成葉酸が含まれること」。これらが基本的な基準になります。

良いものを選ぶためには、
今挙げた条件の他に厚生労働省が定めた製品の安全性の基準になる「GMP準拠工場で作られていること」、「材料、添加物が安全であること」をチェックすると良いでしょう。

条件をすべて満たしておすすめなのは、
「ママニック葉酸サプリ」、
「Lara Republic」、
「はぐくみ葉酸サプリ」、
「mitete 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ」、
「プレミン」、
「ベルタ葉酸サプリ」です。

GMP準拠工場で作られた、成分も安全性も問題ないサプリばかり。

最終的には粒の大きさや匂いといった「飲みやすさ」が大切になってくるので、口コミなどを参考にして比べてみることをおすすめします。

葉酸サプリまとめ

いかがでしたか?

おすすめサプリでご紹介した葉酸サプリは、大手ショッピングサイトのランキングにも紹介される人気サプリが多いです。

熱心な口コミも多いので、きっと葉酸サプリ選びの参考になると思いますよ。

スポンサードリンク