赤ちゃん指しゃぶり
指しゃぶり自体は自然な行為で、赤ちゃんらしいほほえましい仕草です。

でもデメリットがあると聞くと心配になってしまいますよね。

そこで今回は指しゃぶりについて、
気になる歯並びとの関係や止めさせる方法について調べてまとめてみました。

スポンサードリンク

指しゃぶりはいつからするの?

赤ちゃん指しゃぶり
指しゃぶりの始まりは「吸てつ反射」という、口の近くにあるものを吸ってしまう本能です。

たまたまそこにあった指や手をしゃぶってしまうのですね。

ごく自然なことで、赤ちゃんが口の中の感覚や指から伝わる感覚で自分を認識するとても大事なことでもあります。

身体が十分動かせるようになると足の指までしゃぶっていますが、これも同様に大切な成長の証。

指しゃぶりが定着するのは2~3ヶ月頃と言われていますが、
お腹の中から指しゃぶりしている子もいますよ。

赤ちゃんによっては3本くらいまとめて口に入れたり、拳をしゃぶったりしますがどれも指しゃぶりの一環です。

指しゃぶりは歯並びが悪くなるのは本当?

赤ちゃん指しゃぶり
指しゃぶりが原因で歯並びが悪くなる、出っ歯になるというのはよく言われます。

お母さんが心配なのもそこですよね。

実際に影響があるのは歯が生えそろう時期のことなので、一生懸命指しゃぶりをしている頃はまだあまり気にしなくても大丈夫。

ですが指しゃぶりやおしゃぶりを続けていると、
出っ歯の原因になったり奥歯のかみ合わせが悪くなったり、あごの発達に影響がある可能性もあります。

日本小児歯科学会では、1歳を過ぎたら日常的におしゃぶりを使用するのを止め、
2歳半にはおしゃぶりも指しゃぶりも卒業するよう赤ちゃんに働きかけることを推奨しています。

1歳を過ぎると遊びの範囲が広がるので指しゃぶりの頻度は減っていきますから、それほど神経質になる必要はありませんよ。

眠い時や退屈な時の指しゃぶりは2~3歳頃まで続きますし、成長の一つとして見守っていて問題ないものです。

スポンサードリンク

指しゃぶり防止する方法はマニュキュアや薬がいい?

大きくなってから指しゃぶりが癖になってしまうと、直すのが大変です。

2~3歳の内から止めさせるように仕向けたいと思っても、無理に止めさせると、そのことがストレスになってしまうかもしれません。

他のことに気をそらしたり、
本人に止める気を起させるように声をかけたり、
根気強く向き合わなくてはいけません。

でも注意する側もついムキになってしまったりしませんか?

指しゃぶりの防止に、噛むと苦いマニキュアや舐めると苦いクリームが販売されています。

できるだけ使いたくないのが心情ですが、口うるさくなってしまうよりもストレスが少なく済みますから、考えてみる価値はありますよ。

もちろん食用可能な材料で作られていますから、その点は安心してください。
月齢が低い子の指しゃぶりは止めさせる必要のないものですが、中にはたこになってしまったり、指がふやけて血がにじむほど激しい指しゃぶりをする子もいます。

その場合は手をガードする方法を考えましょう。

歯がためがついたミトンなどを活用してくださいね。

指しゃぶりまとめ

指しゃぶりについてまとめてみましたがいかがでしたか?

もう歯が生えているから止めさせなきゃ、と思ってしまいがちなのですが、指しゃぶりを止めると自然と歯並びは綺麗に戻るとも言われていますから神経質になり過ぎないようにしてくださいね。

逆に5歳を過ぎても指しゃぶりを止められないような場合は、
歯のことを含めて一度お医者さんに相談してみると良いかもしれません。

スポンサードリンク