抱っこ紐
赤ちゃんが生まれる前や、生まれた後に、必要な物を買いそろえますよね。

これって必要なの…?
って思う物はいくつかありますよね。

今回は、抱っこ紐についてご紹介しようと思います。

スポンサードリンク

実際抱っこ紐は必要なのか?

赤ちゃん
私も子供が生まれてから、抱っこ紐って必要なの?って思い買うのを迷いました。
生まれたばかりは、首も座っていないから使う必要性がないし…。
買うのであれば、ベビーカーのほうがいいのかも…。

私の場合は、結論から言うと「抱っこ紐も、ベビーカーも必要!」ということです。

私は里帰り出産をしませんでした。
子供が生まれてすぐ、家事を全て一人でこなしていました。
新生児の時は、ミルクを飲んだらすぐ寝てくれるのが、しばらくすると抱っこしないと寝なかったり…目がはっきり見えてくると、お母さんの姿が見えないと泣いたりします。

洗濯物を干すのにも、料理を作るのも一苦労でした。

そこで活躍するのが抱っこ紐!
私は首が座っていない時期から使える物を購入しました。
最初は慣れない抱っこ紐で、使用するのが大変でしたが、慣れてくると、本当に楽!
家事をしながら子供の様子も見れるので、本当に購入してよかったです。

抱っこ紐は、思ったより長い月齢で使用出来るので、本当に良かったです。

蛇足ですが、ベビーカーは、月齢が大きくなると、体重も重くなり、抱っこ紐を使用すると肩や腰が疲れます…。

私の場合は、ベビーカーはハイハイするようになって抱っこするのが辛くなった時に使用してました。

しかし、砂利などの道はベビーカーを押しづらかったりするので、使用する場所や目的に合わせて使う事をお勧めします。

スポンサードリンク

抱っこ紐のおすすめのメーカーは何?

抱っこ紐

いざ、抱っこ紐を購入しようと色々調べると、種類が豊富で、どこにしていいか迷いますよね。
おすすめのメーカーをピックアップしました!

■その1: エルゴ

抱っこ紐で代表的なものですね。

私もエルゴの「ADAPT」シリーズの物を購入し、使用しています。

ADAPTシリーズは、新生児から使用できるのがポイントです。

従来のエルゴの抱っこ紐は「インサート」と言われる小さな新生児を包んで安定させる物を使用しなければなりませんでした。

装着するのもひと手間かかるので、大変そうなイメージでした。

ADAPTシリーズはインサートがなく、赤ちゃんの足が出る部分がマジックテープになっており、月齢に合わせて変えていくことが出来ます。(赤ちゃん用の付属の腰ベルトも付いているので転落することはほぼないと思います)

また、お母さんの体にフィットする様に、赤ちゃんの背中のほうにある紐を調整することも可能です。

生地は肌触りがよく、肩に負担があまりない様になっているので、長時間の抱っこも楽です!

注意点ですが、エルゴは外国製ということもあり、お母さんが細身すぎると、腰回りの調整をしてもゆるゆる…なんてことがあります。

子供服売り場等に、抱っこ紐が置いてあるので、自分は大丈夫か試着してみるのがいいと思います。

■その2:アップリカ

こちらも抱っこ紐では代表的ですよね。

アップリカの抱っこ紐も新生児から使用できます。

大きなポイントとしては、抱っこの方法が何パターンもあるということです。

1つの抱っこ紐に対して、「ヨコ抱っこ」「タテ抱っこ」「前向き抱っこ」「おんぶ」の4種類が可能なのが魅力ですね。

また、国産メーカーなので日本人の体形に合わせているので、使いやすいかと思います。
生地はポリエステル系が多めになっているので、少し硬いかな…といった印象です。

■その3:コンビ

抱っこ紐を丸めると、他の抱っこ紐より小さくなるため、持ち運びに便利なのがポイントです。

抱っこ紐自体の重さも軽めに作られているからだと思います。

ホールドカバーがあるため、おんぶ時落下しにくく、安定感があるのもメリットですね。

私は以前試着したことがあるのですが、素材が軽めに作られているからか、肩に負担が少しかかるな~と感じたことがあります。

個人差はあると思うので、店頭で試着することをおすすめします。

■その4:キューズベリー

ここの抱っこ紐は、なんといっても可愛い!デニム素材で、フロントにチャックがついていておしゃれな小物の一つとして使えます。

私も、購入する時に、キューズベリーの抱っこ紐を買おうか迷いました…。

可愛いだけではなく、赤ちゃんの背中部分にポケットが2カ所あり、小銭入れを入れたり、夏にアイスパッド(保冷剤)を入れて過ごすこともできます。

収納も、小さく丸めることが出来るので、持ち運びに便利ですよね。

首が座っていない赤ちゃんには使用できないというのが大きな問題ですね。

別に子供が生まれてすぐは使用しない、という場合は大丈夫ですが、私の場合は生まれてすぐに使用したかったので、購入を断念しました…。



抱っこ紐で必要なアイテムは?

抱っこ紐必要
どの抱っこ紐にも必要なものを紹介したいと思います。

■その1:よだれパット

赤ちゃんは本当によだれだらだら…。

ミルクもよく吐きますよね。よだれパットを付けておけば、汚れたときに抱っこ紐ごと洗う手間が省けます!

いくつも種類があるので、いくつか購入しておくと使い回しが出来るので便利でした!

■その2:抱っこ紐収納ケース

私は購入しませんでしたが、あったほうが便利です。

実際、お出かけの時、抱っこ紐を結局使わない。けれど、しばらくしたら必要になるかも…と思って腰に巻いたままでいましたが、子供と遊ぶとき邪魔!

でも、抱っこ紐をたたんで鞄の中にいれておこうとしても、なかなか入らず…。という時がありました。

最近になって収納ケースがあるということを知り、前に知っていたら絶対購入していたと思います。

抱っこ紐のメーカーに合った収納ケースを購入して下さいね。

抱っこ紐メーカーアイテムまとめ

抱っこ紐は、絶対購入された方が、お出かけの際や家事をするときなどとても便利です!

いろいろ種類があり、迷ってしまうと思いますが、自分が使いやすいもの、赤ちゃんが抱っこされて気持ちがよさそうな物を試着してみるのがいいと思います。

納得して抱っこ紐を購入して下さいね!!!

スポンサードリンク