キュボロの種類
15才の天才棋士・藤井聡太四段が小さい頃に遊んでいたことで話題になった、
スイスの木のおもちゃ「キュボロ」。

種類やお値段、楽天で購入できるか?など調べてみました。
>>>【楽天市場】キュボロの種類一覧はこちら

スポンサードリンク

将棋の藤井さんが使用したキュボロの種類は?

1979年に誕生し、
本場スイスでは子供だけではなく大人にも大人気の木のおもちゃ「キュボロ」。

一言で「キュボロ」といっても色々種類があります。

3才から遊べるキュボロの入門編とも言える「キュボロ クゴリーノ」シリーズが4種類、5才から遊べる「キュボロ」シリーズが8種類と合計12種類もあります。

どちらのシリーズも基本セットに追加セットを買い足すことができるので、子どもが気に入ったら無限に増やすことができますよ!

レゴブロックなどと同様に親の方がはまることもあるので要注意(?)です。

キュボロのシリーズで将棋の藤井さんが使用したのはどれ?

キュボロの種類

NHKのピタゴラスイッチのようにビー玉が移動する木のおもちゃはいくつかありますが、キュボロと他のおもちゃの決定的な違いは「ビー玉の動きが見えない」ことにあります。

そのため進む道を想像しながらブロックを配置していく必要があり、遊びながら自然に先を読む力と直感力が鍛えられるそうです。

キュボロに限らず「玉の道」系のおもちゃはすごく頭を使いますが、「ビー玉の動きが見えない」ゆえに、キュボロが1番頭を使いそうですね。

藤井聡太四段が使用したとされるのはキュボロシリーズの「スタンダード」!

「スタンダード」には、13種類・54個のキューブが入っていて、名の通りキュボロを始めるのに適したセットになっています。

スポンサードリンク

キュボロの定価や販売価格は?楽天で購入できる?

キュボロの種類

「木のおもちゃ」はぬくもりがあって私も大好きなのですが、
お値段が高いのが悩みどころですね。

ではキュボロのお値段です。いいですね?いきますよ?

藤井聡太4段が使用したとされるキュボロ「スタンダード」のお値段は・・・

定価 32,000円(税抜き)

むむぅ~。
5才の子供のおもちゃとしてはかなり高価ですね。

ですが、自分で考えて組み立ててビー玉を転がす「玉の道」系のおもちゃは、他のおもちゃと違って飽きることがありません。

またキュボロはビー玉以外のすべてのパーツが立方体でしっかりしているので、紛失や破損が格段に少なく、気の早い話ですが、本当に「子供から孫へ」と受け継いでいくことのできる素晴らしいおもちゃだと思います。

楽天でも取り扱っていますが、今はどのお店も品切れ状態で、予約も半年以上またなければならないそうです。

藤井聡太四段のおかげで売り上げが3倍ほど伸びたとのことなので、仕方ないですね。

>>>【楽天市場】キュボロの種類一覧はこちら

将棋の藤井さんが使用したキュボロまとめ

「キュボロ」をはじめとする玉の道系のおもちゃは私も子供も大好きで、
絶対におすすめなのですが、

小さなビー玉を使うので、くれぐれも小さなお子様の「誤飲」などに気をつけて下さいね。

うちの子は誤飲はしませんでしたが、鼻の穴にビー玉を入れてしまいました。
幸いすぐに取れましたが・・・

では、「キュボロ」のビー玉が木にぶつかる心地の良い音を、
お子様と楽しんでくださいね。

スポンサードリンク