こどもの日兜

5月5日といえば、子どもの日。男の子がいるご家庭では兜を飾るのではないでしょうか?

我が家も男の子が生まれ初節句に向けて準備を始めたいのですが、そもそもの疑問点が沸いてきたので何点か調べてみました。

スポンサードリンク

こどもの日の兜はいつからいつまで飾る?

こどもの日兜

兜は用意したけれど、そもそもいつから飾ればいいの?
しまう時期で縁起が悪いタイミングはあるのでしょうか?

ずばり飾り始める時期は春分の日が終わってからが一番多いようです。理由は端午の節句も説目なので、1つ前の春分が終わったら飾るのだそうです。

4月の初旬から中旬に出せれば理想的ですね(^^)遅くても下旬までには用意したいところです。

次にしまう時期ですが、兜は端午の節句を過ぎるとあまり意味の無いものとされているので、すぐにしまっても問題ありません。

ひな人形の様にしまうのが遅れても婚期が遅れるという言い伝えもないので安心して下さい。

こどもの日の兜は誰が買う?

これは非常に気になる問題です。父方の両親?母方の両親?それとも子の親である自分たち?同じように頭をかかえる親御さんも多いのではないでしょうか。

調べてみたところ、下のような風習があることが分かりました。

北海道・東北・関東地方では→父方の実家が買う
関西・四国・九州地方では→母方の実家が買う

地方によって違うみたいですね。しかしこれが絶対という訳ではありません。会話の中で自然に盛り込んで伝えてみて、買ってもらえればラッキー♪くらいでいいのではないでしょうか。

ちなみに我が家は双方の両親に確認し、自分たちが欲しいものが決まったらその金額を両親たちで折半し合うということで落ち着きました。ありがたい!

スポンサードリンク

こどもの日の兜を手作りはどうすればいいの?

こどもの日兜

最後に気になった問題です。お金をかけなくても愛情たっぷりの手作り兜やこいのぼりで端午の節句をお祝いする。両親の想いが込められていてとても素敵ですよね。また、記念撮影用に使ったり遊びの中で使えるのも手作り兜の醍醐味だと思います。

では、どんな手作り兜があるのか調べてみました。

1.フェルトで作る
フェルトは100円均一で手にはいるもので十分です。

2.新聞紙や折り紙で作る
新聞紙ならばお金をかけずに作れます。折り紙も100円均一で手に入りますね。

3.ダンボールで作る
ダンボールもスーパーなどで持ち帰りOKのものがあります。

4.手作りキットを買って作る
ネットショッピングで検索すると様々な種類のものが出てきます。予算に合わせて少し立派な物を手作りしてもいいですね。

こどもの日の兜まとめ

いかがでしたか?

こどもの日に兜を飾るのには男の子誕生を祝うと共に、病気や災難から身を守ってくれる意味もあるそうです。

お祝いの意味も理解すると、ますます張り切って準備してあげたくなりますね。
家族で楽しくお祝いしてあげましょう♪

スポンサードリンク