ウォータースタンド
「ウォータースタンド」をご存知ですか?ウォータースタンドは新発想のウォーターサーバー。

水道直結のウォーターサーバーと言えるもので、従来のウォーターサーバーよりも手軽で注目を集めています。お水は買うもの、という認識が当たり前になってきた近年、ご家庭にウォーターサーバーの設置を検討している方も多いのではないでしょうか。

ニーズによってはウォータースタンドの方が合っているかもしれませんよ。ウォータースタンドの特徴をまとめてみましたので、ぜひ比較してみてください。

スポンサードリンク

ウォータースタンドとは何?

ウォータースタンド
お水を買う、から一歩踏み出して、より安全でおいしいお水を造ることを目的とした家庭用浄水器です。一般的な浄水器とは異なり、お水の工場で行うような高機能浄水をサーバー内で実現しています。

それに加えて冷水・常温水・温水を自由に使い分けられるウォーターサーバーの機能も搭載しています。逆浸透膜ROフィルターという、近年では最も浄水精度の高いフィルターを使用したRO水を選択することもできます。余計なものを含まない、限りなく純水に近いお水にすることもできますし、水道水とは思えないおいしいお水を飲むことができますよ。

浄水器なので天然水を飲むことはできませんが、RO水はウォーターサーバーでもよく使われていますし、ボトルのいらないウォーターサーバーだと思えば大体合っていると思います。

ウォータースタンドとウォーターサーバーとの違いは?

ウォータースタンド
ウォーターサーバーとの一番大きな違いは、毎月お水を購入する必要がないことです。重いボトルを交換する作業がないだけでも、とてもラクチン。お水の残量を気にすることもありません。毎月定額のレンタル代も、支払いがシンプルで分かりやすいです。他に水道代がかかりますが、コストとして感じるほどではないでしょう。

自分ですると面倒に感じるメンテナンスも、半年に一度無料でメンテナンスしてもらえるので楽ですし、衛生面の心配も減ります。ウォーターサーバーのメンテナンスもサービスしてくれる業者はありますが、その都度料金がかかるところが多いです。

良い面が多いように感じますが、ウォーターサーバーと違ってボトルがないため備蓄としてはまったく使えません。電気や水道が止まってしまえば使用できなくなりますので、災害時の備えは別に考慮する必要があります。

また、お水の使用量が少ない家庭では割高になってしまうので、その点も注意が必要です。

スポンサードリンク

ウォータースタンド設置場所や水道直結とは?

設置場所が限られるのもウォータースタンドの欠点と言えるでしょう。機種によりますが、水道につなげますので水道設備からあまり離れたところには設置できないタイプが多いようです。RO水を作るためにはある程度の水圧も必要になるので、メーカーでは水栓から5m以内の設置を推奨しています。

水栓に分岐器具を取り付けるだけで、原状復帰も簡単にできるので賃貸物件でも対応できるようですが、築年数が古い物件などは水栓の形状が違っている場合などがあるので事前の確認をしてみましょう。

ウォータースタンドまとめ

いかがでしたか?

残念なことに現在は関東圏のみの対応らしいですが、ウォーターサーバーのお水を月に何本も購入しているご家庭なら、持ち運びをしなくてよくなるだけでも十分に検討の価値はありますよね。

手間がかかるのが面倒、という方もぜひ検討してみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク