赤ちゃんお宮参り時期
赤ちゃんが産まれて、落ち着く間もなくお宮参りの時期がやってきます。

わかっていても、産後すぐは慌ただしくて準備までは気が回らないもの。

気が付くと直前で、何をどうすればいいのか悩んだという方も多いはず。

そこで今回はお宮参りの基本と、気になる赤ちゃんと親の服装についてまとめてみました。

スポンサードリンク

お宮参りとは?時期はいつするの

赤ちゃんお宮参り時期
お宮参りは、土地の守り神である氏神様に赤ちゃんが産まれたことを報告する行事で、今後の健やかな成長をお祈りするものです。

家の近所にある神社にお参りするのが一般的ですが、近年では遠方でもご利益があると評判の神社へ行ったり、安産祈願をした神社へお礼と報告にお参りするケースも増えているようです。

普通に参拝するだけでもいいのですが、神社に申し込んで祝詞を挙げてもらうこともできます。

男の子は生後31日目、女の子は生後32日目にお宮参りをするのが正式なのですが、今は生後1ヶ月を目安に都合や体調を考慮して日にちを決めることが多いようです。

時期については地域差が大きく、しきたりを重んじるご家庭もありますから、周囲に相談してみることをおすすめします。

ちなみに北海道では生後100日のお参りで済ませてしまう地域が大半で、もちろん真冬はやりません。

沖縄ではお宮参りの風習自体がありません。

夫婦で出身地が違う場合は特によく話し合ってみてくださいね。

お宮参りの赤ちゃんの服装は?

赤ちゃんお宮参り時期
白羽二重の内着を着て、上に祝い着(晴れ着)を着るのが伝統的な服装です。

今はベビードレスの上から祝い着を着るのが一般的ではないでしょうか。

女の子用の着物は華やかな友禅模様や花柄、男の子用の着物は龍や虎といった勇壮な柄が選ばれ、家紋を入れることもあります。

昔は母方の実家から贈られたそうですが、今はレンタルで済ませる方が多いようです。

着物を着ないで、ベビードレスの上からレースのオーバードレスを着たりケープを被せたりして洋装でお参りをする方も増えていますよ。

スポンサードリンク

お宮参りの親の服装は?

親は着物もしくはスーツとなります。

どの服装が正式、ではなくて赤ちゃんの服装に合わせることが大切です。

赤ちゃんが着物なら母親や祖母は色留袖、訪問着などを着用します。

父親や祖父はスーツになりますが、一般的な紬の着物に羽織りを合わせれば準礼装として十分ですので、和装で合わせてもいいかもしれません。

とは言え、現代では赤ちゃんが着物、大人はスーツやワンピースなどの洋装、というケースが増えています。

確かに慣れない着物が母親の負担になっては困りますし、授乳だってできません。

赤ちゃんと母親双方の都合を考えて、身体が楽な服装という選択もありだと思いますよ。

授乳服には見えないワンピースやアンサンブルもありますから、相談してみてはいかがでしょうか。

お宮参まとめ

100日のお参りで済ませる地域出身の身としては、一般的に生後1ヶ月でお宮参りをすると知った時にかなりの衝撃を受けたものです。

お宮参りは大切な儀式ですが、赤ちゃんとの日常もそれ以上に大切です。

お宮参りで疲れすぎないように、無理のないスケジュールで臨んでくださいね。

【関連記事】
▼この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!!
お宮参りの写真の相場はいくら?どんな写真作った?写真だけでお参りはしない?

スポンサードリンク