出産祝いお返しマナー

赤ちゃんが産まれてすぐはお返しを考えようにも忙しくて大変。

なるべく早く用意したいのに、気がついたらあっという間に時間が過ぎているなんてことになりかねません。

妊娠中からある程度決めておいて、余裕をもって対応できるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

出産祝いお返しのマナーは?時期はいつまで?

出産祝いお返しマナー
出産祝いのお返しは「出産内祝い」と言います。

本来は身内で祝い事があったことを知らせるための風習ですが、今はお返しの意味で使われています。

出産内祝いは、出産祝いを受け取ってから1ヶ月後くらいを目安に贈ります。

遅すぎても早すぎても失礼に当たるので注意しましょう。
贈り先のリストを作成して管理しておくと便利ですよ。

出産祝いをいただいたときは、内祝いとは別にお礼の連絡を忘れずにしてくださいね。

内祝いの品にはのしを付けるのが普通です。
水引は紅白の蝶結びを使い、表書きは濃い墨で上に「内祝」下に「赤ちゃんの名前」を書きます。
地域によっては伝統的な出産内祝いの風習が残っているところもあります。

出身地の違いで夫婦の習慣が全く違う可能性もありますから、どのようにお返しをすればいいのか一度確認してみるといいかもしれません。

出産祝いお返し金額の相場は?

出産祝いお返しマナー
出産祝いお返し金額の相場は,
「半返し」と言っていただいた金額の半分をお返しするのがマナーと言われますが、3分の1~2分の1が相場です。

特に目上の人へのお返しは3分の1程度を目安にしましょう。

高額なお祝いをいただいた場合は、相場通りだとこちらの負担が大きい上に相手方にもかえって気を遣わせることになりかねません。

ギフトカタログなどを参考に、高価になりすぎない範囲で贈りましょう。感謝の気持ちを添えて贈ればきっと伝わると思いますよ。

スポンサードリンク

出産祝いのお返し両親にする?友達には?職場の場合はどうする?

ご両親から出産祝いをいただいた場合もお返しは必要です。

ただお返しはいらないからと言われることもありますよね。そんなときは、落ち着いたら食事にご招待するなどモノではないお返しがおすすめです。

赤ちゃんのおじいちゃんおばあちゃんでもありますから、
感謝を込めてお礼をしたいですね。

友人への出産祝いのお返しは?

友人へのお返しはまさに「親しき仲にも礼儀あり」。

ですが品物はギフトの形式にこだわらずに友人の嗜好にあったものを贈ると良いですよ。
実用品や、子供のいる家庭なら子供向けの品も喜ばれそうですね。

職場への出産祝いのお返しは?

職場からも出産祝いをいただくと思いますが、

個人的にいただいたお祝いは個人的にお返しを、
連名でいただいたお祝いは数人なら個別に、大勢ならまとめてお返しをしましょう。

休憩所でつまめるお菓子や、小分けにできる詰め合わせが力を発揮してくれます。

出産祝いのお返しまとめ

マナーは大切ですが、基本的なことを守っていれば大丈夫。

出産直後に用意するのは大変ですから、事前にカタログを用意するなどしておきましょう。

細かく対応してくれるインターネットサービスもありますから、負担にならないように上手く活用してくださいね。

スポンサードリンク