海水浴

今年も夏がやってきましたね.
夏といえば・・・バーベキューにプール、そして・・・海!

海に持っていくものを考えて色々準備すると、荷物の量が多くなりますよね。
中には、持って行ったけど結局使わなかった・・・なんてこともしばしば。

しかも、子連れの海ともなれば、「これも必要かも」なんて思って、かばんの中に入れるけど、その量がハンパない!!!

自分が、海で子供と遊び、大量の荷物も持って、疲れた・・・とならない程度に持って行きたいですよね。

そこで、
子どもと海水浴場に行くときに持ち物がなにがあればいいのか?
持ち物リスト、
持っていて便利なものをまとめました。

ぜひ参考にしていただき、
子どもとも海水浴楽しんでください!!

スポンサードリンク

海水浴 持ち物 子連れは何がいる?

海水浴
私は、子供が生後11ヶ月のときから海に連れて行っていました。

子連れで一番気になるのは日焼けではないでしょうか。

子供に日焼け止めは塗るべき?子供用の日焼け止めを持っていったほうがいいかな・・・と私も悩んだことがあります。

ハッキリ言うと、いりません!

丸一日直射日光の下にいる、肌が弱い子供は、塗ったほうがいいと思いますが。
私の子供には11ヶ月のときから連れて行っていると言いましたが、1回も塗ったことがありません!

直射日光の下に2時間もいるわけではないし、海に入ったら日焼け止め落ちるし。

一番のきっかけは、保育園でもプールに入ったり外で遊んだりするけど、塗ったことがないからです。

虫除けスプレーもしたことがありません。
まず、海は虫よりもクラゲが一番の敵なので。

クラゲに刺されないよう、子供を見ているのが大事だと思います。

海水浴 持ち物リストはこれ?

リスト
上で説明した時、必要最低限必要なものとお伝えしましたが、
それは何?ってなりますよね。

下にまとめてみました。

・子供用水着
・水に濡れても大丈夫な紙おむつ
・バスタオル1枚
・フェイスタオル2枚
・着替え(1組)
・飲み物(マグも必要年齢であれば)
・レジャーシート
・膝掛け
・紙おむつ
・おしりふき
・お菓子

タオル類は少なくても大丈夫です!私は子供の体を拭いたタオルを使うので、自分用は特にいらないです。

飲み物は、汗をかくので出来ればスポーツドリンクのほうをお勧めします!

おしり拭きの活用は結構できるので、新品1個もっていったほうがいいと思います。

暑いとき、子供の内太ももの上におしり拭きを置くだけでも結構涼しく気持ちよくなるので。

膝掛けの使い道ですが、帰りの車の中は冷房が効いていますよね。子供にとっては、風邪を引きやすいので、少し寒いかな?と思うときに膝掛けをかけてあげられる準備はしておいたほうがいいと思います。

他にも、浮き輪や砂遊び用のバケツやスコップなど、子供が好きな月齢に合わせたおもちゃなどを持っていくのもありです。

スポンサードリンク

海水浴 持ち物 あったほうが便利なのはこれ!

子連れ海水浴
やはり、テントはあったほうがいいなと思いました。

海は日陰がそんなに多い場所ではないので、小さなテントやタープを持っていかれたほうがいいと思います。

私はシングルマザーなので、一人でテントを張ることが大変でした。友達と行くとなっても、女同士なので組み立てるだけでも時間がかかります。

そこで!子供が家のなかで遊んでいるキッズハウスを持っていきました。

ポリエステル系のものであれば、砂が入っても簡単に掃除できますし、なにより組み立てる時間がない!

キッズハウスの入り口付近にレジャーシートをひいておけば、大人でも寝転がることができます。

海水浴場の場所によりますが、パラソルを貸し出ししているところもあるので、活用してみてもいいと思います。

あとは、
公園遊びでも役に立つワンタッチテント。

手を放すだけで広がって、
片付けも簡単。

持ち運びも便利なんで今、海水浴場やプールでもよく使われていますよね。

海水浴子連れには何がいるまとめ

荷物を少しでも少なくして、気軽に海に行ければいいですね。

私の場合は、荷物をどれだけ少なくするか・・・と考えて、この結果になりました。

子供の月齢に合わせて持ち物を少し変えて、自分流にアレンジしてみてください。

楽しむのもそうですが、子供から目を離さないように気をつけてくださいね。
よい夏をお過ごしくださ~い!!!!!

スポンサードリンク