ベビーシューズの選び方

赤ちゃんの足は柔らかく、まだまだ骨も筋肉も未発達です。

ベビーシューズは歩くことをサポートするだけでなく足の成長のためにもとても大切なもの。

正しいベビーシューズの選び方を知って赤ちゃんの足に合った靴を選んであげましょう。

スポンサードリンク

ベビーシューズの選び方やサイズは?

ベビーシューズの選び方

まず、ベビーシューズは赤ちゃんの足にぴったり合っていることが大事です。すぐに大きくなるからと大き目のサイズを選びたくなってしまいますが、大きすぎる靴は足のトラブルを招きかねません。

靴を履いてつま先に5mm程度の余裕があるのが理想のサイズです。

3~4ヶ月に一度はサイズを測って、成長に合わせて靴を買い替えましょう。
他にも選ぶポイントはいくつかあります。

・つま先が広いもの

赤ちゃんは指で地面を掴むように歩くので、つま先は広く指を自由に動かす余裕があることが大切です。

・かかとがしっかりしているもの

かかとの骨が柔らかいので、負荷がかからないようかかと部分を固めてサポートしてくれるものが良いでしょう。

・靴底が柔らかいもの

足の動きに合わせて良く曲がるものを選びましょう。けり出しがスムーズにできますし、地面を感じられる程度の硬すぎない靴底が望ましいです。

・履かせやすいもの

赤ちゃんの足を大人と同じように「靴に入れる」のはとても難しいので、甲部分ががばっと大きく開くものがおすすめ。ベルトタイプだと留めるのも簡単で、サイズ調節が容易なので足にフィットさせることができますよ。

特にファーストシューズを選ぶときは、足首のくぼみ辺りまでサポートしてくれるタイプであること、柔らかい素材であること、つまずき防止の巻き上げ底になっていることも考慮しましょう。外で靴を履く前に、室内履きで靴に慣れることを考えてもいいかもしれません。

ベビーシューズの人気ブランドは?

ベビーシューズの選び方
シューズブランドで人気なのは、
・ニューバランス
・アシックス
・イフミー
など。

ニューバランスは言わずと知れた世界的なブランドですね。
親世代でも愛用している方が多いかもしれません。
ベビーシューズにも力を入れており、豊富なラインナップが特徴です。

アシックスは日本が誇るシューズブランドです。
ベビーシューズは赤ちゃんの歩き方をとことん研究して開発されたそうです。

イフミーは子ども靴専門なので馴染みがないかもしれませんね。小さな子にぴったりのカラフルなシューズがたくさん出ています。

ベビーブランドとして知られるミキハウスやピジョンでもベビーシューズを出しています。特にピジョンのシューズは赤ちゃんの歩き方に合わせて3step展開しています。

スポンサードリンク

ベビーシューズおすすめは?

人気のブランドで挙げたシューズはどれも赤ちゃんの足をきちんと考えて作られていますので、デザインなどで選んでいただいても大丈夫なのですが、あえておすすめを選ぶとするとアシックスのベビーシューズ「スクスク」シリーズです。

「土の上のはだし」を目指し、成長に合わせたシューズ作りをコンセプトにして歩き始めの「よちよち歩き」を支えるファーストシューズ、ファーストシューズを卒業して「ペタペタ歩き」の3歳まで、7歳まで、12歳まで、と細かな展開で子供の足をサポートしてくれます。

ファーストは赤ちゃんが足指を踏ん張りやすく、屈曲性の高いソールを採用しています。

靴の内部は縫い目や段差を少なくし、肌に優しい素材が前面に使われています。

ベビーは膝を上げて歩けるようになった赤ちゃんのためにクッション性を高め、それでいて効率的な歩行のために屈曲性を両立しています。
足首が安定してきたらローカットタイプを選べるのもポイントです。

それにスクスクシリーズはスポーティ過ぎないデザインで服とのコーディネートがしやすいのが嬉しいところ。

履かせやすいのも助かります。

ベビーシューズの選び方やサイズまとめ

いかがでしたか?

色々ご紹介しましたが、足に合わなかったり重かったりきつかったり、赤ちゃんが靴を嫌いになってしまうとお出かけも難しくなってしまいますから、赤ちゃんに合わせることを一番に探してくださいね。

きっと、

思い出にもなる大切な靴ですから、
じっくり選んでいただきたいと思います。

スポンサードリンク