子どもおねしょ
子供が赤ちゃんから幼児に成長してくると、オムツの卒業をそろそろ考え始めますよね。

子供の成長は嬉しいけれど、しかしおむつ時期には無かった新たな心配事として
「おねしょ」の問題と向き合う事となります。

おむつを卒業したばかりの時は「まだ慣れないし仕方がないよね。」で済むのですが、時が経つにつれておねしょはいつまで続くのか、また、夜尿症ではないのかなど不安になる方は少なくないと思います。

そこでここでは、その不安を取り除くべくおねしょ・夜尿症について自身の子育て経験を含め、また調べまとめてみました。

スポンサードリンク

子どもおねしょと夜尿症の違いは?

子どもおねしょ
簡単に基本的な事を言うと、
まず寝ている間に布団で無意識に尿をするのが「おねしょ・夜尿」です。

赤ちゃんから幼児期になっておむつを卒業する時期は、起きている昼間に尿意を感じてトイレで尿をする事を学習しますよね。

それが夜も出来るようになるにはある程度の年齢になる事が必要でそれまではおねしょ、その年齢を大きくオーバーしても寝ている間に尿をするのが夜尿症です。

子どものおねしょ原因は?何歳までが普通?

おむつを卒業する時期でのおねしょはあまり心配する必要はありません。

これは、起きている昼間と違って夜はまだ卒業しきれていないと考えていいからです。

しかし、ある程度の期間を経てもおねしょが続く場合は何か原因となるものがあるかも知れません。

また、心配のいらないおねしょは年齢的におおむね5歳くらいまでとされていますが、これだけは個人差がありますので、きっちり「5歳までにはおねしょを卒業!」と考えすぎなくて大丈夫です。

昼間のおむつ卒業は完璧にできているのに、夜はなかなか卒業できない。
つまり、おねしょが続く場合には原因として「ストレス・食事内容・生活リズム」などが考えられます。

ストレスは大人ばかりでなく子供も子供なりにストレスが溜まります。

また、食事内容で塩分が多かったりすると喉の渇きから水分を多く摂る事になります。

そして、生活リズムとして寝る前にトイレに行くと言うリズムづくり…
これらはおねしょの原因となる事があります。

スポンサードリンク

子どものおねしょと夜尿症治す方法や対策はどうすればいい?

子どもおねしょ
前述したように、おおむね5歳くらいまででそれ以降は夜尿症と言われています。

これらは成長段階の現象とそれとは別に何か原因がある事による現象があるわけですが、成長段階の現象の場合は年齢と共に自然に治ります。

一方、何かが原因のおねしょや夜尿症は、その原因となる事が解消されなければ続く可能性があります。

おねしょや夜尿症の原因がハッキリと分かっていればそれを解消すればいいのですが、分からない場合には専門医に相談してもいいと思います。

どんな事が原因だったとしても共通して言える事は、おねしょ(夜尿)した時は…

1)怒らないようにします(子どもにストレスがかかったり自尊心が傷つく事になり返って治りにくくなります)

2) 焦らないようにします(「いつかは必ず治る」その気持ちで接すると子供が安心します)

3) 生活リズムを見直します(寝る前に尿が出る出ないに関わらず必ずトイレに行く習慣を身に着ける事が大切です)

おねしょと夜尿症についてまとめ

ここでは、おねしょと夜尿症について自身の子育て経験を含め調べてまとめてみました。

おねしょは、おおむね5歳くらいまでの夜尿を言い、それ以降の年齢での夜尿は夜尿症と言われています。

しかし、個人差がありますので「5歳」はひとつの目安と考えておくと良いですね。

おねしょや夜尿症は、成長段階の現象と原因があっての現象とに分かれます。

原因があっての現象の場合は、子供本人のために原因をみつけて解消してあげます。
分からない場合には専門医に相談すると良いですね。

スポンサードリンク