おむつかぶれ原因
赤ちゃんのおむつを替えるときにお尻が赤くなっている時はありませんか?

アトピー性皮膚炎やカンジダ性皮膚炎もありますが、
オムツに当たる部分だけが赤くなっていたらおむつかぶれを疑ってください。

今回はおむつかぶれについて、
原因や対策を紹介しますので参考にしてください。

スポンサードリンク

おむつかぶれの原因とはいったい何?

おむつかぶれの原因はおむつの中でのムレと摩擦です。

最近のおむつは性能もよく、何回もおしっこをしても漏れることはありませんが、そのおむつの中では、おしっことお尻が直接触れ続けています。

長時間触れていることにより、皮膚がふやけて薄くなり擦れて赤くなります。
これが、おむつかぶれです。

また、あかちゃんは一日にウンチを7回以上する日もあります。

新生児の時はうんちの粘着性も高く、拭きにくいためゴシゴシと拭いてしまいがちですが、おしりふきでの摩擦も肌が弱い赤ちゃんにはかぶれる原因となります。

赤ちゃんが下痢になった時は特にかぶれやすいですよね。

それは尿や便には赤ちゃんには刺激物となる酵素が入っていますので下痢は普通の便よりも肌を刺激し、特にかぶれやすいのです。

おむつかぶれの対策は薬がいい?

おむつかぶれ原因
ではおむつかぶれになってしまった場合はどうすればよいのでしょう。

清潔に洗った後、完全に乾かしてからワセリンを塗ってください。

弱っている皮膚に乾燥を防いでくれるワセリンは効果があります。

しかし、結構ベタつくので厚く塗るとかぶれをもっと悪化させてしまうこともあるようです。

また、昔からよく使われるオロナインも効きます。
数日使っても効果がない様であれば、皮膚科で軟膏を処方してもらいましょう。

スポンサードリンク

おむつかぶれのおしりふきやおむつ変える?

おむつかぶれ原因
お尻がかぶれた赤ちゃんには、出来るだけ肌に優しいおむつに変えてあげたいものです。

肌にいいと言えば布おむつなのですが、こちらは通気性がよくなく、さらに蒸れてしまう点から紙おむつの方がいいです。

また、紙おむつの種類もたくさんありますが、今使っているものを、いつもより頻繁に変えてあげることが大切です。

かぶれたお尻はとてもデリケートなので、汚れを拭きとるのではなく、洗ってあげましょう。

面倒な場合は霧吹きを用意しておいて、その中に温かいお湯をいれてお尻にシュッシュかけてうんちを柔らかくし、濡らしたガーゼで優しく拭きとる方法も良いです。

おむつかぶれはかゆみ対策まとめ

おむつかぶれはかゆみや、痛みが出てきます。

まだ赤ちゃんは直接言葉に出して気持ちを伝えることができませんので、
おむつを替えるときには子供の様子を少し意識して見てください。

そして、もしお尻が赤くなっていたら、
ぜひこちらの方法を試してみてください。

スポンサードリンク