ベビーチェア
ベビーチェアはいつ用意すればいいのでしょうか。

それにいざ買おうとすると思ったよりも種類がある?
どんなタイプのベビーチェアがいいの?
どんな特徴があるの?

とお困りの方へ、今回はベビーチェアを用意するにあたって知っておきたいことをまとめてみました。

スポンサードリンク

ベビーチェアいつからいつまで使う?

ベビーチェア
ベビーチェアを使うのは、離乳食を始める時期がいいと言われます。

離乳食は支えがなく座位が保てるようになってから始めることが推奨されていますから、椅子を体験するのにもちょうどいいのですね。

個人差はありますがだいたい5~6ヶ月という赤ちゃんが多いでしょう。

ではいつまでベビーチェアを使うのかというと、大人用の椅子に座ってダイニングテーブルで食事ができるようになるまでは何らかの補助が必要です。

製品によって対象年齢が違うので、成長に合わせて買い替えるか、長く使えるベビーチェアを使用するか、どちらかになります。

ベビーチェアの使い方は簡単なの?

ベビーチェア
基本的には離乳食を食べさせる間赤ちゃんの体を固定するためのものです。

用途が限定されているものではありませんが、他の目的では使いにくいのは確かですね。

ベビーチェアには大まかに分けて
・ハイチェア
・ローチェア
・ハイローチェア
・テーブルチェア

があり、ローチェア以外は大人が抱き上げて座らせなければならないので、子供に自由に使わせることはできません。

食事用の椅子なのだと割り切ってしまってもいいと思いますよ。

それでもおすわりの練習をしたいとか、少しの間おとなしく座らせておく椅子が欲しいとか思惑はありますよね。

その場合は目的に合わせたベビーチェアを数脚用意するのが一番いいかと思います。

または何通りもの使い方ができるような製品がありますので、探してみてもいいでしょう。

スポンサードリンク

ベビーチェアの違いは?選び方は?

■その1:ハイチェア

ハイチェアは、ダイニングテーブルに合った高さの椅子です。家族でテーブルに着くことができます。座面が高いので、赤ちゃんが椅子を嫌がって暴れるとちょっと怖いです。ダイニングで使用する以外の汎用性が少ないタイプですが、座面や背もたれを付け替えることで大人になるまで使える製品もあります。デザイン性が高い製品が多いのも特徴。

■その2:ローチェア

ローチェアは、座面が低いタイプです。
万が一転げ落ちでも危険が少ないので、少しの間目を離すこともできます。固定を外した状態でも日常使いができるのが強みですが、自分で登れるようになると遊んでひっくり返ることも。大人用のダイニングチェアに乗せて使用できるタイプもあります。

■その3:ハイローチェア

ハイローチェアは多機能タイプです。

高さ調節機能だけではありません。リクライニングが標準で、キャスターつきで移動ができ、スイング機能がついているものも。

メリーなどを取り付けて赤ちゃんをあやすにも使えます。家族と一緒のテーブルに着くことは難しく、自分で食べるようになると食べこぼしの始末が大変です。

■その4:テーブルチェア

テーブルチェアは、テーブルに直接取り付けるタイプ。持ち運びができ、出先でも使えるのが魅力です。テーブルの高さを問わないので便利。抜け出しにくいという特徴もあります。最近人気があるタイプ。

■その5:折りたたみチェア

折りたたみチェアは、折りたたみタイプはしまうのに場所を取らないのが最大の魅力です。

折りたたみのハイチェアの中には付属のテーブルと椅子を別々にして子供デスク&チェアに組み立てなおすことができる変わり種も。

ベビーチェアの特徴まとめ

ベビーチェアの特徴を簡単にまとめてみましたが、いかがでしたか?

選ぶポイントはどういう目的で使うのか、
自分たちの生活スタイルに合っているかです。

ベビーチェアがある風景をイメージしつつ、
使いやすい椅子を見つけてくださいね。

購入の際には参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク