お花見で定番のお弁当

暖かくなってきましたね。

もうすぐお花見の季節!

ぽかぽか陽気に誘われて、お花見の計画がすすむ頃ではないでしょうか。

お花見のお弁当に何を作ろう...と悩んでいる方のために、おススメの手作りお弁当のレシピをご紹介します。

スポンサードリンク

お花見で定番のお弁当のレシピは?

お花見で定番のお弁当

お花見の手作りお弁当のポイントは、①食べやすい、②手が汚れない、③こぼれない、④冷めても美味しい、です。

そして、彩りが大事!

彩りよくキレイに詰められていると、それだけで美味しそうに見えます(笑)

ワックスペーパーをしいたり、空いたスペースに、レタスやトマトを入れて、赤・黄・みどりが入るように、彩りよく仕上げましょう。

定番は、何と言っても“おにぎり”ですよね。

ラップに包むと、手も汚れません。

最近はやりの“おにぎらず”なら、カットした断面を見せれば、彩りもキレイです。

おかず系ですと、からあげ、たまご焼き、春巻き、ウィンナー、ミートボール、などが定番メニューです。

野菜系ですと、野菜スティック、枝豆、お漬物など。

最近は、粉状のドレッシングもありますし、OLに人気のジャーサラダなんかは、どうでしょうか。

■その1:おにぎりレシピ

▪おかかチーズおにぎり...スライスチーズを5㎜ぐらいにカットし、おかかにお醤油をたらしたものと一緒に、温かいご飯に入れて混ぜます。

▪枝豆しらすおにぎり...枝豆としらすをそれぞれ茹でて、温かいごはんに混ぜ、塩で味を調節してください。

▪しゃけ大葉おにぎり...しゃけフレーク、もしくは、焼いた鮭をほぐしたもの、刻んだ大葉とゴマを、温かいごはんに混ぜます。

▪ひじきおにぎり...余ったひじき煮を温かいごはんに混ぜるだけです!

■その2:からあげレシピ

▪エスニック風からあげ
〈材料〉鶏手羽先10本、ナンプラー、揚げ油

〈作り方〉
(1)鶏手羽先をビニール袋に入れ、ナンプラー(大2)を入れて揉み込み、1時間~一晩置く。
(2)(1)の鶏手羽先を、180度に熱した油で揚げる。

たったこれだけで、美味しいから揚げが出来ます!

■その3:野菜レシピ

▪ジャーサラダ
〈材料〉
きゅうり、赤・黄パプリカ、レタス、玉ねぎ、ツナ、など好きなお野菜、筒状の容器、ドレッシング

〈作り方〉
(1)きゅうり、パプリカを食べやすい大きさに角切り、玉ねぎはスライスして水にさらす。

(2)容器に、きゅうり、パプリカ、オニオンスライス、ツナ、レタスの順に、層になるように入れていく。

(3)好きなドレッシングを食べる前にかけて、シェイクしてから、どうぞ。

お花見、デートならお弁当は何がいい?

お花見デートに行くなら、手作りお弁当で女子力アピールしたいところですよね。

そして、彼に、美味しい!お料理上手だね!って言ってもらいたいですよね!

男性に人気のお弁当のおかずは、からあげ、卵焼き、サンドイッチ、ハンバーグ、春巻き、タコさんウィンナー、などだそうです。

彼が喜んでくれそうな、お弁当レシピをご紹介します。

■その1:チューリップからあげ

〈材料〉鶏手羽元10本、片栗粉、揚げ油
    調味料...酢(大2)、しょうゆ(大2)、酒(大1)、さとう(小1)、生姜チューブ(大1)、塩ひとつまみ

〈作り方〉
(1)鶏手羽元を、ハサミを使ってチューリップにする。骨の方に、ハサミで切り目を入れ、皮と骨をはがす。
      
(2)身の方にむかって、めくりあげるように、骨から身をはがす。

(3)ビニール袋に、(2)と調味料を入れ、1時間からひと晩、漬け込む。

(4)新しいビニール袋に、片栗粉(大4)を入れ、(3)の鶏肉を入れてまぶす。

(5)180度の油で揚げたら、出来上がり。

持ち手の部分に、リボンやワックスペーパーなどをくるくる巻くと、かわいくパーティー仕様になります。

■その2:明太子出し巻き

〈材料〉たまご2個、明太子1つ、粉末カツオ出汁(小1)、水(大2)、醤油(小1)

〈作り方〉
(1)たまごを割り、粉末のカツオ出汁、お水、お醤油を入れて混ぜる。

(2)熱したたまご焼き機に、油をひき、(1)のたまご液1/3量を入れ、奥の巻き始めの方に、明太子をのせる。

(3)半熟状にたまごが少し固まってきたら、奥から手前に巻いて行く。

(4)油を少しひき、たまご液をまた1/3入れ、同じように焼いて、まいていく。

(5)残りのたまごも同じように焼けば、できあがり。

■その3:もちもちチーズポテト焼き...5個分

〈材料〉じゃがいも大1個、とろけるチーズ、片栗粉、牛乳、マヨネーズ、バター

〈作り方〉
(1)じゃがいもの皮をむき、適当な大きさにカットして耐熱容器に入れ、かぶるくらいの水を加えて、レンジで5分くらいチン。
     
(2)じゃがいもが柔らかくなったら、ボウルに入れてつぶします。
     
(3)温かいうちに、牛乳大2、マヨネーズ小1、片栗粉大1、塩コショウ少々を入れて混ぜます。

(4)(3)を5等分し、中にチーズを入れて、平らに丸めます。

(5)フライパンにバター(大2)を入れて、揚げ焼きにしたら、出来上がり。

■その4:ベーコントマトきゅうりのピンチョス

〈材料〉ベーコンブロック、プチトマト、きゅうり

〈作り方〉
(1)ベーコンをプチトマトと同じくらいの大きさに角切りする。きゅうりも、同じくらいの大きさにカットする。

(2)ベーコンは、フライパンで軽くやく。

(3)トマト、きゅうり、ベーコンの順に、ピックにさせば、出来上がり。

■その5:スパムサンドイッチ

〈材料〉8枚切り食パン、スパム、スライスチーズ、レタス、マスタード、マヨネーズ、バター

〈作り方〉
(1)食パンを2枚用意して、1枚にマスタード、もう1枚にバターを塗ります。
     
(2)スパムを幅1センチぐらいにカットし、フライパンで焼きます。

(3)バターを塗った食パンに、レタスをのせ、マヨネーズを少したらし、焼いたスパム、チーズを重ね、マスタードを塗った食パンではさみます。

(4)カットして、ラップに包めば出来上がり。

ワックスペーパーに包むとかわいく仕上がります。

スポンサードリンク

子供と花見に行くならお弁当は何がいい?

お花見で定番のお弁当

子供と一緒に行くなら、子供が喜びそうなかわいいピックや、キャラクターのおにぎり包み紙を利用するのも良いですよね。

デザートに、りんごやいちご、キウイなどのフルーツを持って行くのも良いのではないでしょうか。

子供でも食べやすい、簡単なお弁当レシピをご紹介します。

■その1:のりまきおにぎり

〈材料〉好きなおにぎりの具、ごはん、のり

〈作り方〉
(1)お好みのおにぎりの具やふりかけと、温かいごはんを混ぜる。

(2)まきすに、半分にカットしたのりを置き、①のごはんをうすくのせる。

(3)太巻きの要領で、まけば、出来上がり。

半分にカットして、ラップにまいて持って行けば、子供も手を汚さず食べられ、ぽろぽろごはんがこぼれないので、おススメです。

■その2:くるくるハムチーズサンド

〈材料〉8枚切り食パン、ハム、スライスチーズ、バター

〈作り方〉
(1)食パンの耳を切り落とし、お好みでバターをぬる。

(2)(1)のパンにハムとチーズをのせ、くるくるまいていく。

(3)ラップに包んで、しばらく置いて形を整え、食べやすい大きさにカットする

■その3:鶏胸ポテト...10個ぐらい

〈材料〉鶏胸肉150gぐらい、じゃがいも中2個、酒、しょうゆ、片栗粉、油

〈作り方〉
(1)鶏胸肉を5㎜ぐらいの角切りにしてボウルに入れ、しょうゆ・酒(各大1/2)塩コショウ少々、片栗粉(小1)を入れて、混ぜる。

(2)じゃがいもは、鶏肉より小さく角切りにし、鶏肉のボウルに入れる。水にさらさなくてOK。

(3)塩コショウを入れ、片栗粉・水(各大1.5)を加えて全体によく絡ませ、さらに片栗粉(大1)を加えて揉み込む。ねっとりする感じになればOK

(4)フライパンで揚げ焼きにする。スプーンで一口サイズに落として両面こんがり焼く。
お好みでケチャップをつけてどうぞ。 スナック感覚で食べられます。    

■その4:デリ風かぼちゃサラダ

〈材料〉かぼちゃ1/4、ハム4枚、スライスチーズ4枚、マヨネーズ、牛乳

〈作り方〉
(1)かぼちゃの皮と種を取り除き、耐熱容器に入れ、水も少し加えて、レンジで5分チン。

(2)温かいうちにつぶして、牛乳大2、マヨネーズ大4を入れ、混ぜる。柔らかさは、牛乳とマヨネーズで、お好みで調節してください。

(3)ハムとスライスチーズ5㎜くらいに切り、(2)に混ぜる。塩コショウで味をととのえたら、出来上がり。

食べやすいように、小さいカップに入れると、見栄えも良いです!

手作りお花見弁当まとめ

お花見お弁当のレシピをご紹介しましたが、いかかでしたか。

私は、彩りよく、見た目もキレイなお弁当が出来ると、達成感があります(笑)

何より、食べる人が喜んでくれるのが、嬉しいですよね。

素敵な、春の思い出作りに、手作りのお弁当を持って、お花見楽しんで来てください。

スポンサードリンク