潮干狩りのコツ

寒い冬が去り、暖かい春がやってくると、ゴールデンウィークがやってきます。
長期休暇の予定は、もう決まっていますか?

海外旅行など遠出も良いですが、近場で家族とゆっくりのんびり過ごす休暇もいいですよね。

家族みんなで楽しめる春から夏にかけてのアクティビティのひとつに潮干狩りがあります。
小さなお子さんでも、大人と一緒に楽しめるのも魅力の一つ。

あさりを簡単に採る事の出来る方法、砂抜きの方法、そしてお勧めの場所はどんなところか調べてみましょう。

スポンサードリンク

潮干狩りのコツあさりをとるには?

潮干狩りのコツ

あさりは四季を通して採ることが出来る貝ですが、特に春と秋のあさりは旬の時期で旨みが感じられます。

ただし、あさりがいる砂浜といない砂浜があります。

お近くの潮干狩りの会場のホームページには潮干狩り時に持参が必要なもの、反対に禁止されているものと、その場所で採れる貝の種類も掲載されていますので、確認してみましょう。

あさりを採るコツとしては、まずは干潮の時間を調べておくことです。
干潮の時間の約1時間前には、潮干狩り会場に到着して、潮が引き出すのと同時に始めるとあさりが見えて採れそうな場所を掘って探す必要が無く、スムーズにたくさん採ることが出来ますよ。

潮干狩りのコツあさり砂抜きの方法とは?

潮干狩りのコツ

潮干狩りをして、貝が採れたら付き物になるのは砂抜きです。

貝が苦手と言う人の多くが、食べた時にジャリっと砂の食感を感じてからと言いますよね。
おいしくいただく為にも、この砂抜きをしっかりしておきましょう。

最近野菜の保存方法でも注目されている「50度洗い」。

あさりの砂抜きにも、この50度洗いが良いと言われています。

給湯器をお持ちの方は、50度にセットして湯を沸かすと簡単に温度設定が出来ます。

50度以上のお湯で砂抜きをすると、環境の変化に弱いあさりはすぐに死滅してしまうんですが、
50度に設定することで、あさりがヒートショックと言って瀕死の状態になり水を求めて吸収して中の身が殻から押し出されます。

この時に殻と殻を擦り合わせる人間の力を加えてあげると、汚れや砂が一気に出てくるんです。
注意点は、50度以下の場合、菌の繁殖につながるため、50度をきちんと計って処理しましょう。

スポンサードリンク

潮干狩りのコツ場所はどこがいい?

潮干狩りのコツ

アサリが効率よく採れる場所は、波が来るとふわっとアサリが浮いてきて発見しやすい波打ち際です。

ただ、穴場スポットではなく、管理されている潮干狩り場ではアサリを管理人さんが捲いているためアサリを見つけたら、その周辺を集中的に探すことをお勧めします。

潮干狩りのコツまとめ

アクティビティとして楽しむことが出来ながら、また帰宅してからもおいしくいただける楽しみのある潮干狩り。

春は気候も良く、外へ出かけたくなる季節です。

ぜひ、春のお出かけに潮干狩りの予定を入れてみてはいかがですか。

スポンサードリンク